トップページ

新着情報

2019年08月03日
2019年夏期セミナーのお知らせ(2)

2019年夏期セミナープログラムのご案内
テーマ「日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて」

詳細はこちら

■日 時:2019年8月26日(月)9:30~17:00/27日(火)9:00~12:00
■会 場:女子栄養大学 駒込キャンパス 2号館2階 階段教室
■会 費:部会員 3,000円 学生会員 1,000円 会員外 無料

■プログラム(詳細):8月25日(日)17:00~20:00 新旧常任委員会

8月26日(月)9:00 受付  9:30~10:20 総会 10:30〜12:00 研究発表(発表15分、質疑応答5分)
1) 恒川日出美(金城学院大・院)「家政学原論における『家庭』『家庭生活』の概念」
2) 小野瀬裕子(共立女子大・非)「SDGsに向けた日本の青年期の自立への課題」
3) 南有哲先生(三重短大)「家政学の対象としての『内部環境』について」
4) 花輪由樹(兵庫教育大),宮﨑陽子(羽衣国際大),小倉育代(大阪教育大・非),岸本幸臣(羽衣国際大)「現代社会の住まいにおけるシェアのあり方―多拠点システムADRESSを事例に―」
《12:00~13:00 昼休み(カフェテリア)》

13:00~13:45 わたしの家政学原論〈シリーズ14〉乘本秀樹先生
14:00~16:00  日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて
―第1部 この10年間の活動から考える家政学として取り組むべき課題―
<はじめに> これまでの議論の整理/倉元綾子
1. 家政学原論のポジション・ステートメント構築に向けて−IFHEの経験から考える−/工藤由貴子
2. 研究成果からみた課題
1) 家政学的研究のガイドライン/東 珠実 2) やさしい家政学原論/八幡彩子
3) 「家政学のじかん」『今こそ家政学』『楽しもう家政学』/小倉育代
《16:15~16:30 休憩》
16:30~17:00 質疑応答/17:00 閉会/17:00~20:00 第2回 新常任委員会

8月27日(火)
日本の家政学のポジション・ステートメント構築に向けて―第2部 課題と枠組み―
8:30~   受付
9:00~9:30 IFHEのSDGsポジション・ステートメントからみる日本の家政学/井元りえ
9:30~10:15 家政学原論部会が当面取り組むべき課題―前日の報告を受けて/ 岸本幸臣
《10:15~10:30 休憩》
10:30~11:30 ポジション・ステートメントの枠組み(項目立て)を考える/ファシリテータ・倉元綾子
11:30~12:00 今後の進め方の提案/12:00 閉会の辞

【昼食について】
昼食は、女子栄養大学駒込校舎のカフェテリアで予約によって510円でご提供できます(ご飯、汁物、主菜1品、副菜2品)。
8月26日(月)、8月27日(火)もどちらも大丈夫です。
8月5日(月)までに井元(imoto@eiyo.ac.jp)にお申し込みください。

【夏期セミナー会場 女子栄養大学 駒込キャンパスへの交通アクセス】
所在地 〒170-8481 東京都豊島区駒込3-24-3
JR山手線・東京メトロ南北線駒込駅より徒歩3分
大学ホームページ http://www.eiyo.ac.jp/

2019年04月09日
2019年夏期セミナーのお知らせ(1)

2019年夏期セミナー・総会は、以下の予定で開催いたします。

奮ってご参加ください。

日 程 2019年8月26日(月)全日、27日(火)午前

場 所 女子栄養大学駒込校舎

内 容 「第3回 日本の家政学のポジション・ステートメント作成会議」、総会など

2019年04月08日
「第2回 日本の家政学のポジション・ステートメント作成会議」開催のお知らせ

みだしの会議を、次のとおり、開催いたします。

多数の皆様のご参加をお待ちしております。

開催日 2019年5月25日(土)12:20~13:20

会 場 四国大学 中央棟3階(日本家政学会第71回大会F会場)

内 容 「日本の家政学のポジション・ステートメント」の作成など

 

2019年03月19日
「日本の家政学のポジション・ステートメント」作成会議開催のお知らせ

みだしの会議を、次のとおり、開催いたします。                                         多数の皆様のご参加をお待ちしております。

日 時:2019年3月26日(火)11:00 ~ 16:00
場 所:女子栄養大学駒込校舎 被服実習室(3号館5階)
※玄関から入って、正面の建物です。エレベータをお使いください。                               内 容:「日本の家政学のポジション・ステートメント」の作成
昼 食:お弁当(1,000円程度)予約制 ※すでに締め切りました。                                             その他:第2回作成会議を5月25日(土)12:20〜13:20 (日本家政学会大会、於:四国大学(徳島県))、第3回作成会議【最終決定】を8月26日(月)(家政学原論部会夏期セミナー、於:女子栄養大学駒込校舎(東京都))に開催予定

本件に関するお問い合わせは、下記連絡先までお願いいたします。                                 <連絡先>
井元りえ(女子栄養大学)
〒350-0288 坂戸市千代田3-9-21
Tel. 049-284-3429  E-mail: imoto@eiyo.ac.jp

2018年07月10日
2018年夏期セミナーのお知らせ(2)

2018年夏期セミナー(8月21日(火)・22日(水)女子栄養大学駒込キャンパスにて開催)について、ご案内をいたします。

多くの皆様のご参加をお待ちしております。

詳細はこちら

ようこそ、家政学原論の世界へ

私たちのサイトにアクセスしていただき、ありがとうございます。このサイトは「一般社団法人 日本家政学会家政学原論部会」の公式HPです。

家政学原論部会は、一般社団法人日本家政学会の専門部会の一つです。
家政学といいますと、かなり古くからのイメージがあると思いますが、科学としての成立は比較的新しく、日本で家政学会が創立されたのは1949年です。
家政学は、「家庭生活を中心とした人間生活における人と環境の相互作用について、人的・物的両面から、自然・社会・人文の諸科学を基盤として研究し、生活の向上とともに人類の福祉に貢献する実践的総合科学である」(日本家政学会1984年)と定義されています。
生活を扱う科学は他にも多くありますが、家政学の独自性は、人間生活を人と人との関わり、人と環境との関わりでとらえ、生活をホリスティック(全体的)な視点で研究する総合性と、さらに、生活課題の解決策を提案する実践性の2つの性格にあるといえます。総合性と実践性という性格は、現代の科学においては先駆的な考え方でもありました。
今でこそ、高度に発展した社会における複雑な課題解決、例えば「少子・高齢社会」や「持続可能な社会」における課題解決のために、総合科学や複合領域と呼ばれる科学の考え方や方法論は必然であることは認知されています。しかし、科学の細分化・専門化が著しかった時代に、生活をホリスティックに視て、実践的な解決をめざした家政学は、現代科学のパイオニアといえるでしょう。また、昨今の家族をめぐる問題を予防的に、教育的に、協同的に解決する家族生活教育も家政学が担うべき分野ではないでしょうか。

このような家政学の科学としてのあり方を研究し、「家政学とは何か」を明らかにするのが家政学原論の役割です。「原論」とは、一般的にある科学の本質・根本原理(Principles)あるいは哲学(Philosophy)を意味します。
既存のどの科学にも「原論」はありますが、特に家政学は新しい科学であることからしても、また、単なる家事技術の習得とは一線を画した家政学研究の指針としての原論の役割が重要となります。家政学原論の研究は、「学問論」、「人間論」、「生活論」の3つの柱で構成されます。
「学問論」では、家政学の定義(目的・対象・方法・独自性・体系)や家政学史、社会的役割など科学としての家政学のあり方が研究テーマとなります。
「人間論」では、生活を営む主体としての人間をどのような存在としてとらえるのか、人間の価値観や行動様式をもとに「生活者」としての人間のあり方について研究します。
「生活論」では、家庭生活を中心とした生活の概念・機能、生活史などを研究テーマとすることによって、生活のあり方や「質の高い生活とは(豊かさの概念)」を明らかにすることをめざします。

家政学原論部会は、1968年に研究会として発足し、2014年に45周年を迎えました。毎年、夏期セミナー(研究発表・シンポジムなど)の開催、「家政学原論研究」(査読あり)の発行、そして、6つの地区でそれぞれに特色ある活動を行なっています。
研究奨励賞や学術出版賞の表彰制度もあります。部会発足40周年にあたる2009年には、「家政学らしい研究とは」を中心に据えた「行動計画」を策定し、50周年をめざして家政学ガイドライン発行や社会貢献のあり方の検討に取り組んでいます。
家政学研究の指針と枠組みを家政学研究者が共有できるように、また、生徒や学生をはじめとして一般の人々にも「家政学とは何か」を広く知っていただけるように「行動計画」の検討を進めていますので、楽しみにしておいてください。

このホームページをご覧くださった方、生活研究に関わる研究者、生活に興味がある方、ぜひ家政学原論部会の活動にご参加をお待ちしています。ご一緒に個人・家族・地域のための家政学、またその哲学となる原論研究を始めましょう。

pagetop